Profiel

松原幸広
松原幸広 Matsubara Yukihiro
作曲、編曲、ヴァイオリン 東京生まれ。 クラシック編成のオーケストラや室内楽のアレンジを多く 手掛ける他、ポップスや歌謡曲のオリジナルカラオケ制作も行う。
  1. ●ドレミ楽譜出版社より弦楽四重奏アレンジ集を4冊初出版。
  2. 初版から20 年以上経ちましたが、中でもジブリアニメシリーズの楽譜は海外でもよく演奏されています。(1993年~)
  3. ●スタジオヴァイオリ二スト篠崎正嗣氏のアシスタントとして
  4. ミュージカル「アニー」のステージバンドアレンジ。(1992年〜1995年)
  5. ●音楽専門学校「Muse音楽院」のアレンジャー科講師を務める(1994年〜1998年)
  6. ●弦楽器専門雑誌「サラサーテ」 の巻末のアレンジ担当となり現在も連載中(2005年〜)
  7. ●弦楽四重奏アレンジ集出版15 周年を記念して、ヴァイオリニスト田辺秀樹氏主宰の「音楽サロン“パパゲーノ”」にて
     弦楽四重奏による初ライブを開催(2009年)
  8. 社団法人全日本ピアノ指導者協会「ピティナ」の会員となり、ピアノトリオなどのアレンジ楽譜販売中(2012年~)
  9. 「YAMAHAぷりんと楽譜」サイトでもピティナの楽譜を販売している。

編曲

  1. ◇BAKUFU-SLUMP「大きな玉ねぎの下で〜遥かなる想い」(オーケストラアレンジ)(1988年)
  2. ◇ロンドンフィルハーモニー管弦楽団演奏による越路吹雪の企画CDインストアルバム
    「ロンドンフィル・プレイズ・フェイバリットソングス」 London Angel-Studioにて録音(1990年)
  3. ◇嘉門達夫シングル 「バイバイスクールデイズ」(1993年)他
  4. ◇鈴木彩子シングル 「ひとりぼっちの意味」他
  5. ☆他にも石井明美、天野歩美、福永恵規などのアルバムにアレンジで参加。

作曲

  1. ◇TV朝日「ピッカピカ音楽館」<ナルケマレバンガカピカッピ>(1988年)
  2. 作詞は藤子F 不二雄 プロデューサーはひらけポンキッキの小島豊美氏(APP 部屋)
  3. ◇ファンキー末吉アルバム「亜州鼓魂」作曲と中国中央交響楽団指揮で参加。(1996 年)

TVCM音楽制作

  1. ヤナセ/メルセデスベンツ190E
  2. タカラトミー
  3. 東急百貨店
  4. 春日井製菓
  5. 太陽石油
  6. フェザー
  7. 湯沢グランドホテル
  8. 保証協会
  9. オリエンタル
  10. etc.

映像関連音楽

  1. 飯田譲治監督の映画「バトルヒーター」のサウンドトラック音楽担当(1988年)
  2. ◇嘉門達夫の吉本新喜劇ミュージカル「健康を損なう恐れがあります」の音楽担当(1994年)
  3. ◇NHKエンタープライズ制作「味の素」うま味発見百周年記念ドキュメンタリー「AMBITION」(五十嵐 匠監督)の音楽担当(2010年)

出版楽譜

  1. ◇弦楽四重奏シリーズ(ドレミ楽譜出版社)
  2. ★名作アニメカルテット<スタジオジブリ作品集>
  3. ★結婚式のためのアンサンブル
  4. ★パーティミュージック名曲集<1>
  5. ★パーティミュージック名曲集<2>
  6. ◇溝口肇/チェロコレクション(ドレミ楽譜出版社)のアレンジ(2016年)
  7. ◇アレンジ連載書籍
  8. 弦楽器専門雑誌「サラサーテ」(せきれい社)
  9. ★音楽制作室ビギニングス設立(2009年)
  10. プライベートCD制作のためのレコーディングやアレンジと演奏全般
  11. ◇藤田和代様(サンライト音楽企画)
  12. オリジナル作品CDアルバム制作(2009年)
  13. ◇伴 真純様「追憶」
  14. プライベート盤CDアルバム制作(2013年)
今までの仕事の詳細はこちら